ブログを書いて人生を変えよう!

月額1万円を稼ぐをテーマにします。

何故、みんな貧乏が好きなんだろうか

 働くと、貧乏ではなくなる。これは、神話です。よくドラマで昼も夜も働いて体を壊して、立ち行かなくなる。お金を稼ぐには、労働時間を延ばせば良い。これは、地獄の始まりです。過労死などその典型だと思います。個人の労働は、一時間1000円なら8時間働いて8000円です。もう4時間頑張っても、12000円です。月に26日働いて312000円です。年収3744000円です。これだけ頑張っても400万円には、届きません。ここから税金が引かれます。

 労働収入では、時間の制限があります。多分、無理をしたら心が壊れます。一生懸命働けば、お金持ちになる?絶対にならないです。病気で働けなくなると、病院費も払えなくなります。転がり落ちる様に貧乏が待っています。では、どうするか?

 権利的収入を手に入れることです。早く言うと、「不労所得」です。例えば、自動車を2台止められる土地を購入するとします。10坪もあれば十分です。1坪60万円として、600万円です。最初は、青空ガレージでも良いです。立地にもよりますが月額1万円で2台貸すと、20000円になります。ここで税金の話です。土地は、自己資金半分で良いです。後は、借り入れをします。

 え、儲からないじゃないか。税金には、減価償却と言う制度があります。ガレージのビジネスで赤字になったら、別の所得から引いてくれます。昔、ウイークリーマンションと言うビジネスがありました。国会で所得の合算を認めないとなってその会社は倒産しました。

 多分、15年で借金は返済出来ると思います。立地の良い土地の価格は、下がりません。もしも、下がったら買いです。収益が見込めるなら転売も可能です。こうして収益物件を増やして行きます。「土地で銀行は、金を貸さない。」バブルがはじけた時は、そうでした。これだけ地価が下がったら、それなりに貸してくれます。

 意外と10坪前後の土地は、不動産屋に行くと有ります。もしも、運が良ければ隣りの人が高額で買ってくれるかもしれません。そんな時は、時価の1.5倍ぐらいで売買出来ます。儲かっちゃいます。最後に買う時の注意事項をお話します。

 一番は、駅前です。駅から10分以内です。道路が最低でも4メートル幅の有るところです。行き止まりの土地はNGです。ボロボロの古家がある時は、更地引き渡しを条件にして下さい。

 全額の借金は、NGです。もしも、手放す時が来ても借金は残らない。これが理想です。これで不労所得を手に入れたら、嫌いな上司に辞表を叩き付けて下さい。