ブログを書いて人生を変えよう!

月額1万円を稼ぐをテーマにします。

前回の記事へのお詫びと訂正。画面スクロールをMacOS方式に揃えた。

先の記事ではMagic MouseがiPadOSで使えないと愚痴をこぼしたが、さきほど登録YouTuberの投稿を観てはたと間違いに気付いた。Magic Mouse2であればiPadProもMac Bookと同様に動作できるというのである。

f:id:NPOkagayakiSITA:20200320215755j:plain

Magic Mouseの初期バージョン(写真の白い方)は単三乾電池2本を使うタイプだが、Magic Mouse2(仰向けになっている方)はLightning端子で充電するタイプである。

試して見ると、アッサリiPadOSに繋がってしまった。

皆さん、クック船長御免なさい。

Boot CampでMacOSとWindowsを切り替えて使うと「?」と感じる事はマウスホイールの回転(Magic Mouseではマウスの表面を指で前後にスワイプ)したときに画面のスライド方向が逆である点だ。そう言えばあるとき突然逆に変わったことを覚えている。MacOS X 10.7(Lion)以降らしい。その理由は、iPadでWebページをみる時、画面のスクロールは指で動かした方向に画面が移動していく。ちょうど机の上に紙を置いてそれを上下に動かす操作である。iPadの販売に力を入れていたAppleはそれで自然なUIに変更できた、という事情であろう。

 MacBookAirユーザーの私がWindows10を使うときにもMacOSのUIに揃えたい、と強く思うのもむしろ当然である。広い世間には同じ思いを抱く人も多く(Macユーザーは少ない上に、Boot Campを使うユーザーはほとんどいないかも知れないが)いた様で、マウスドライバのパラメータの一箇所を”0”から”1”に変更するだけで見事にMacOSライクの動きを取り戻してくれたのである。もし、同じ悩みをお持ちであれば次のURLをクリックしてその方法を真似てみてください。ただし、自己責任でお願いします。

https://gudagudablog.com/2018/08/03/macbook%E3%81%A7bootcamp%E4%B8%8A%E3%81%AEwindows%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%99%82%E3%81%AEmagicmouse%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E8%AA%BF%E6%95%B4%E3%81%99%E3%82%8B/

 「パソコン、iPad入門」で取り上げる内容にしては相応しくないものになってしまった事をお詫びいたします。

by.yamazaki