ブログを書いて人生を変えよう!

月額1万円を稼ぐをテーマにします。

iPadOS13.4でAppleはMagic Mouseを見捨てた⁈

新型のiPadProが発売され、同時にiPadOSも13.4にアップデートされた。

f:id:NPOkagayakiSITA:20200326083834j:plain

iPadOS13からUSBで接続されたキーボードやマウスが使えるようになった。外付けのキーボードが使えるようになったのはありがたい。というのもApple配列のBluetoothキーボードを2台も所持している事情もある。ところが、問題はマウスである。iPadOS13がリリースされた直後から何とAppleが販売しているMagic Mouseが使えないのである‼︎

f:id:NPOkagayakiSITA:20200326083948j:plain

富士通のマウスはすんなりと認識され、使用できたが自社ブランドのMagic Mouseがその本領を発揮できないのである。iPadOS13がリリースされた時にその但し書きが有ったことは知っているが、何というかみっともない話ではないか。

 

Magic Mouseの特徴は上の写真を見てもお分かりのように、左右のボタンもスクロールホイールも付いていないかのように見える点であるが、ちゃんと左右ボタンの位置を押せばそれらの機能を発揮するし、スクロールホイールの様に指を前後にスライドすればスムーズに(!)画面スクロールが出来る。

そればかりでは無く2本の指を左右にフリック(スライド)するとデスクトップの切り替え(私は仮想デスクトップを3面使っている。メール、ブラウザ、エクセルである)も出来てしまう。私が特に重宝している使い方はこれである。ところが、これが使えないのである。何を考えているのか、クック船長。

by.yamazaki