ブログを書いて人生を変えよう!

月額1万円を稼ぐをテーマにします。

パソコン有償譲渡会のチラシ

12月上旬「ノートパソコンをお譲りします」という白黒の折り込みチラシが入っていた。大企業や自治体が使用していたパソコンをJEMTCという一般社団法人が一般家庭でも使用できる様に再セットアップして販売している譲渡会である。

f:id:NPOkagayakiSITA:20191228210632j:image

パソコン講座を受けている数人の方々から「買って良いのでしょうか?」との相談を受けた。

 

「初心者の方でも…すぐお使い頂ける」Windows10、26,000円+税は安価で、2年間の保証も付いており、しかも富士通、東芝、NECという日本名ブランドにも惹かれる。

「安くてもインターネットとメールが出来れば良いです」は一般ユーザーの最低条件であろう。ただし、「出来る」と「使える」とは違う。通信環境は別にしてもメモリ4GBは必要で、CPUはCore i3以上も当然である。現に、この白黒チラシとは別に会場で配布されていたカラー刷りチラシにはそれが書かれている。

f:id:NPOkagayakiSITA:20191228212936j:image

インターネットに接続しないパソコンなど(特殊なケースを除いて)一般家庭ではまず必要無いと思う。間違って買ってしまうと後悔必至であろう。

メモリー4GB、CPUがCore i3のパソコンはと言うと38,000円+税となっている。ただし、光学ドライブは読み込み専用で、MS-Officeではなくキングソフト社のWPSがインストールされている。マイクロソフトOfficeとの互換性は高いが一般書店ではマニュアル本を探すのは難しいだろう。

譲渡会の会場は1時間以上の待ち時間が出るほどの盛況ぶりであった。Windows7のサポート終了を1月14日に控え駆け込み需要が発生しているのではなかろうかと思った。

by.yamazaki